トップ

コミュニケーション

オフィスのインテリアへの視点 

オフィスでインテリアを選ぶときは、二つの視点が大切です。一つは、そのオフィスを使う人の視点です。創造性を大切にしたい場所なのか、仕事を推進する上で効率が上がりやすいようにしたいのかなどというものでです。毎日をそこで過ごす人たちの視点ということです。二つ目は、そこに訪問してくださるお客様の視点です。お見えになられるお客様の層にもよりますが、くつろぎたい方、何となく頼りになりそうな雰囲気で安心したい方、新しいアイディアを提供してくれそうな感じを求めている方、いろいろなお客様がいらっしゃるので、そこにウエイトを置いて選定したいものです。もちろん、二つの視点をミックスしたものも必要でしょう。

インテリアを導入する時 

オフィスにインテリアを導入する時は日常の業務に悪影響が出ない事を重視すべきです。ものによっては書類や備品の位置がわかりにくくなり、業務が滞る危険性があります。オフィスのインテリアを見た目等で選択する事は悪くないです。しかし、それを重視して選んだ場合、他の部分でひずみが生まれる可能性があります。実用性を重視した選択を行うべきです。それは定期的に掃除をしておいた方が良いです。それが汚れていると企業のイメージや価値を損ね、利益やビジネスチャンスを失う危険性があるからです。実用性、使い安さを尊重すべきです。

オフィスのインテリア情報

新着情報